結婚式ビデオ撮影の必要性

結婚式のビデオやDVDって、必要?

[画像]結婚式のビデオやDVDって、必要?

結婚式のビデオやDVD撮影の必要性について皆様はどのようにお考えでしょうか。
この答えは、人によってまったく異なります。
撮影には費用がかかりますし、結婚式を挙げる方の中には、「まったく必要ない」とお考えの方も少なくありません。
その一方で、結婚式の動画(ビデオ・DVD・BD)撮影を手がける「シュガーハウス」にご依頼くださったカップルには、「本当に撮っておいてよかった」「何度でも観たくなる」とご満足いただいている方が多いのもまた事実です

ブライダルビデオはどのような役割を持っており、なぜ必要とされているのでしょうか。
ブライダルビデオの必要性について、改めて考えてみましょう。

動画撮影をためらう理由

結婚式で動画撮影をしなかった人に理由を尋ねてみると、次の3つの返答がほとんどです。

  • 理由1 料金が高いから
  • 理由2 ビデオを観ないだろうから
  • 理由3 撮影が気になって、式に集中できないから

[画像]動画撮影をためらう理由

結婚式には大きな資金が必要なので、「節約のために、ビデオはガマン……」という方もいるようです。
出席する友人や親族に撮影を頼む方もいらっしゃいます。
しかし、お二人の結婚式は一生に一度だけのもの。
あとになって後悔しても、撮り直すことはできません。
式場の提携業者だと中間マージンが発生しますが、外部業者に依頼すれば比較的安くなるケースが多いので検討してみましょう。
式場担当者との交渉で、持ち込み料金が無料になるケースもあります。

映像には、主役のお二人だけでなくご友人やご家族の幸せそうな笑顔も記録されます。
お色直しで席を外していた間の様子や、会食風景を観るのも新鮮で楽しいものです。
式場のマニュアルに沿ったビデオではなく、オリジナリティを大切にする業者に撮影を依頼すれば、作品として何度も楽しむことができます。

ただし、カメラマンとの相性がよくなければ撮影が気になってしまって、表情も強張ってしまうかもしれません。
「ビデオに撮られるのが苦手」という方は、打ち合わせで担当のカメラマンと顔を合わせることができる業者に依頼しましょう。
当社ならあらかじめカメラマンと打ち合わせをするので、緊張がほぐれ、安心して式に集中することができます。

家族の歴史を刻んだ記録だから

[画像]家族の歴史を刻んだ記録だから

準備に準備を重ね、迎える結婚式当日。
主役のお二人は、目立つ立場なので緊張する方が多く、「あっという間だった」「何も覚えていない」といわれることがほとんどです。
大切に育ててくださったご両親も、お二人同様に式の最中は緊張と慌ただしさで一杯一杯になっているかもしれません。

落ち着いて映像を観ると、そのときには気づかなかった友人の気遣いや、余興の細かな演出、ゲストの表情などに気づくことができ、改めて幸せな気分に包まれるはず。
ご両親にも当日とは違った角度で式を楽しく振り返っていただくことができます。

お二人の記念の日を観たいと思うのは、ご本人様たちだけではありません。
お身体が不自由で出席できなかったご高齢の親族や、やがて生まれるかもしれないお子様などに、家族の歴史として大切な日の記録を残してあげるのも素敵な話ではないでしょうか。

TOPへ戻る