シュガーハウスが選ばれる理由

「まかせてよかった」のお言葉が
シュガーハウスの歓びです

[画像]「まかせてよかった」のお言葉がシュガーハウスの歓びです

結婚式の動画(ビデオ・DVD・BD)撮影を手がける「シュガーハウス」には、毎年多くのカップルから撮影のご依頼が寄せられます。
当社にご依頼くださった新郎新婦からは、「まるでドラマや映画のような仕上がり」「何度も観たくなる」「あの時の感動が蘇る」と、満足のお声を多数いただいております。

「撮ったけど一度しか観ていない」「退屈」などという声も多いブライダルビデオにおいて、なぜ当社はこのように高い満足度が得られるのでしょうか。
こちらのページでは、当社が選ばれる4つの理由をご紹介します。

理由1:業界トップクラスの確かな撮影技術

当社代表の佐藤宏司は、大手ブライダルビデオ制作会社の第一線で活躍していた経歴と、業界トップクラスの撮影技術を持つ実力者です。
結婚式だけでなく、スポーツ大会や各種パーティ、講演会など、多岐に渡る撮影経験があります。
ブライダル撮影の基本的なノウハウに基づき、高度な技術を駆使してシーンに合わせた撮影を行います。

理由2:その瞬間を切り取る、独自のアングル

ホテルなどの結婚式場では、提携業者の撮影パッケージが用意されています。
それらは会場ごとのフォーマットに基づいて撮影や編集を行うため、映像の質は確保できるものの、オリジナリティや盛り上がりに欠ける退屈な映像になってしまいがちです。
決まりきった撮影プランでは、捉えきれない表情や一瞬の感動。
ルールにとらわれない構図やアングルで、その瞬間を切り取るのが当社の役割です。

理由3:高性能機材を駆使したリアルな作品

迫力ある映像をご提供するには、機材の質も重要です。
当社は業界内でも機材を重視しており、充実した設備をそろえています。
感動の一日を鮮やかに残すビデオカメラや、ゲストの歓声や笑い声まで捉える高性能マイクなどを駆使し、式全体の雰囲気が感じられるリアルな作品に仕上げます。

理由4:一組一組に合わせた撮影コンセプトの提案

結婚式当日にはじめて顔を合わせるカメラマンでは、新郎新婦の素顔をとらえることができません。
当社はお二人の素顔を映し出せるよう、事前の打ち合わせに力を入れています。
お二人の間を流れる空気の温度感や雰囲気を読み取り、一組一組に合った撮影コンセプトをご提案。
それに合わせた演出やポージングを取り入れることで、オリジナリティを追求しています。

PICK UP! TTP理論とは

TTPとは、ある言葉の頭文字を取って出来たものです。
その言葉とは “徹底的にパクる”  そう!! (T)徹底(T)的に(P)パクるです(笑)…?笑うところではありません。
これは凄い!これは素晴らしい!と思ったことを徹底的に真似るのです。
ただ真似るのではなく、それを更に進化させ、自分だけのオリジナルに仕上げて行きます。

TOPへ戻る